とろりん茶
 
急須アミ張替
 
11カ国語のお茶のいれ方
 
コーヒー専用真空マグ
 
つくば味揚
かき氷
つくば TAKO判焼
自動缶オープナー

取扱商品一覧

友だち追加数
写真
 
お茶の保存方法
 
飲む以外のお茶の活用方法
香典返しの基本やマナーについて
健康茶の選び方について
お茶のダイエット効果について
日本のお茶の歴史について
お茶の種類
ティーバッグのメリット
 
店長紹介
2017年 08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ

2017/06/23
香り息づく、自家焙煎コーヒー豆『珈琲煎香』

木村園では日本茶だけでなく、自家焙煎した珈琲豆の販売も取り扱っています。店舗内の設備にて発注の都度お好みに合わせた焙煎を行っているため、鮮度の高い珈琲豆を、必要な量だけお届けいたします。

『珈琲煎香』と銘打って自家焙煎珈琲豆を取り扱うようになってから、お陰様で20年以上になります。

珈琲豆の導入を決めた当時はインスタントコーヒーが主力で、お客さまがお買い求めになられるのも安価なインスタントが大半を占めている時代でした。しかし、コーヒーはビジネスシーンでも広く取り入れられ、これから先はレギュラーの需要も出てくるだろうという展望がありました。

湯の注ぎ方で抽出に変化が出るため、飲むだけでなく淹れる腕を磨くのが趣味になっている人も多いですね。

▲ペーパードリップは比較的簡単ながらも、ステップ毎の工夫によって味の違いまで楽しめる淹れ方です。

そこで「レギュラーはもちろん美味しいけれど、価格がネックになる」というお客さまからの声を参考に、できるだけ手頃なお値段で珈琲豆をお届けできないか考えるようになったのが『珈琲煎香』のはじまりでした。

◆鮮度とコストパフォーマンスを重視し、お手頃価格で美味しさを追求!

珈琲豆の導入初期は手探りな部分も多く、焙煎自体を業者に委託したり、全種の珈琲豆を瓶詰めでディスプレイして店頭販売を行っていた時期もありました。しかし嗜好品ということもあって豆ごとに消費の偏りが見られはじめ、鮮度を最大限保ったまま提供できる方法を模索するように。

珈琲豆の取り扱いについて思案していた頃、既に都内で一ヶ所、珈琲の自家焙煎を行っているお茶屋さんがありました。そちらへ見学に赴いた際に、利用している焙煎器具などを紹介していただくことができ、同じ業者さんから小型の機械を仕入れることを決断しました。

小型の焙煎マシン。写真中央と、左側にももう1台が並んでいます。(後ほど小さめの写真で再度ご紹介します)

▲店内奥の焙煎設備から一部をご紹介。こちらが小型の焙煎マシンです。

そうして現在木村園では、小型のマシンを2台用いてご注文ごとに指定の豆をお好みの炒り方・挽き方で焙煎する、受注販売型での提供に落ち着きました。

販売当初の理念であった「手頃に買えるレギュラーコーヒー」を実現するべく、単価を上昇させる生豆のハンドピックは行っていませんが、ミルにはこだわりがあり、熱を加えずに砕くことでえぐみを抑えています。

◆ティータイムから、仕事の合間や応接時まで、幅広い活躍を見せるコーヒー

コーヒーと聞いて思い浮かぶのは、深みのある”色“、独特の”苦味“、そして何よりもあの”香り“でしょう。専門のカフェなどに足を運ぶと、空間に珈琲の香りが満ちているのを感じられるほど、大きな特徴の一つです。

木肌のテーブルにホワイト基調のコーヒーカップで、癒やしのひととき。

▲プライベートでもビジネスでも、お好きな飲み物でほっとひと息つく感覚には誰しも覚えがあるはず。

当店では日本茶を主に取り扱っているため、香り同士が喧嘩してしまわないかと疑問を抱かれるでしょうか? 実際にご来店くださっている方にはおわかりいただけると思いますが、店内ではコーヒーの香りをほとんど感じさせません。

小型の焙煎マシンを2台並んだ状態で再度ご紹介。

▲写真には映っていませんが、この上部に換気用のファンが取り付けられています。

これは、受注生産での販売となっているため店頭での陳列を行っておらず、また焙煎設備には大型のファンを用いてコーヒーの強い香りを屋外に逃がす工夫をしているためです。

むしろこのように特徴が表に出ないことから、自家焙煎珈琲豆の取り扱い自体をあまりご存知でないお客さまもいらっしゃるかもしれません。

それでも自家用に数百グラム単位でのご注文や、つくばの土地柄、研究所といった大所帯ではキロ単位の発注まで、『珈琲煎香』は多様なご愛顧をいただいています。

注文価格は生豆の種類と分量毎に設定してあり、量が多いほど割安になります。「価格帯はそのままに、量を調節していつもと違う種類の豆を」というマイナーチェンジ的な楽しみ方も可能です。


◆いつものお茶と切り替えて楽しめる『珈琲煎香』はいかがですか?

お茶屋とコーヒーの組み合わせは、「なぜ一緒に?」と思われるかもしれませんが、実はお茶もコーヒーも『火入れ』の段階で味の違いが生まれる理屈はよく似ています。

木村園の定番商品『とろりん茶』と『珈琲煎香』でティータイム!

▲お茶もコーヒーも、飲みたいものを楽しんでこその『憩いの席』ですね。

パッケージの一例です。鮮度を大切に、自家焙煎珈琲豆をお届けします。

▲お手元にお送りする密封のパッケージ内にも、乾燥剤が含まれています。

そして、毎年の新茶が喜ばれるように、『鮮度』に伴う香味の変化についてもお茶屋は敏感です。

日本茶も珈琲豆も、時間経過とともに『酸化』することで最初の風味が失われていくことが知られています。

これは言わば、お茶や珈琲豆が”息をしている“からこその劣化なのです。

木村園の『珈琲煎香』は、”息づく新鮮な香味“をできうる限り損なわずにお届けするよう心掛けています。


◆自家焙煎『珈琲煎香』のご注文をお待ちしております!

ご注文に際しての詳細は、別途こちらのPDFファイルより最新のラインナップをご確認ください。

 ⇒【木村園 自家焙煎サービス『珈琲煎香』 詳細PDF】

詳細PDFでは、サービス内容のご案内や、下記の項目を含めた受注番号などを参照いただけます。

  • 味珈琲豆の種類
  • 分量ごとの価格一覧(生豆時点での計量)
  • 焙煎の深さ(5種類から選択)
  • 豆の挽き方(4種類から選択)
豆の状態がよく見えるペーパードリップで、『珈琲煎香』のフレッシュさをお確かめください。

▲ドリップ時には”鮮度の良さ“を示す白い泡が見られることと思います。あなたのお茶の席をいっそう豊かにする木村園の『珈琲煎香』で、レギュラーコーヒーを楽しんでみませんか?

まずは詳細PDFをよくご確認いただき、ご注文内容をお決めになった上で、お電話やFAX、オンラインショップなどを利用してお申し込みください。

 ⇒【当店のオンラインショップなら、Web上からすぐにご注文が可能です】

ご注文の品は、店頭での受け取りと郵送のどちらにも対応いたします。(焙煎にはお時間をいただきますので、お手数ですがご来店の場合でも事前のご注文をおすすめいたします)

 ⇒【Googleマップでの店舗情報はこちらから】

閲覧数:299

次へ リストを見る

ページトップへ

お買い物のご案内
お支払いについて

クレジットカード 下記クレジットカードがご利用可能です。

コンビニ払い(前払い) 下記コンビニにてお支払いが可能です。 ※ご入金確認後の発送となりますのでご注意ください。

代金引換(ヤマトコレクト便) ※代引き手数料はお客様負担となっております。 54,000円以上の場合は代引き手数料当社負担。

特別契約者様用後払い ※事前に特別契約をされている企業様や事業様の為の後払い決済です。

ネット銀行決済 下記ネット銀行にてお支払いが可能です。



銀行振込(前払い) ※ご入金確認後の発送となります。

ゆうちょ銀行 ※ご入金確認後の発送となります。

GMO後払い決済 下記にてお支払いが可能です。

配送について

宅急便または佐川急便またはゆうパックにて配送致します。

商品代金以外には、消費税及び送料をお支払い頂きます。
●全国送料一律540円(沖縄・離島部を除く)
●お買上げ金額が5,400円以上ですと送料無料です。
※沖縄・離島部は除く。

メール便ゆうパケットまたはクロネコDM便またはクリックポストにて配送致します。

●メール便全国送料一律164円
●メール便お買上げ金額が1,500円以上ですとメール便送料無料です。
※メール便の場合、ポスト投函となり代金引換・日時指定は不可となります。
※メール便規格に収まる対象品に限る。

【引き渡し時期】
ご注文受付後、7日以内にお届けいたします。
天候不順・配送業者の都合・その他何らかの理由により遅延する場合はメール等でお知らせいたします。

返品について

■当店の過失による場合のご返品は、お手数をお掛け致しますが送料着払いにてご返送願います。
■お客様のご都合による場合のご返品は、送料をお客様にご負担頂きます。

【返品期限】
商品の返品・交換には初期不良の場合以外では応じられません。
商品の返品に関して、商品到着後8日以内に事前に理由をメール連絡いただいた上でご返送ください。
※開封した商品の返品は受け付けておりません。 但し、不良品であった場合に限ってはこの限りでは有りません。

【ご返品時の商品代金について】
■既に代金をお支払いいただいた場合のご返品は、商品のお取替え、または商品代金のご返金をいたします。
■お客様のご都合での返品の送料はお客様負担となります。不良品・荷痛み等での返品の送料は当店が負担いたします。

運営会社について

販売業者: 株式会社茶の木村園
運営統括責任者: 木村浩由
〒305-0821
茨城県つくば市春日4-7-9
電話番号: 029-852-7575
メールアドレス:office@kimuraen.gr.jp
実店舗営業時間:9時〜20時